日本一有名な社長は佐賀県出身だった!

2017年1月24日 at 8:34 AM

※日本で有名な社長といえば誰を思い浮かべるでしょうか。

トヨタ自動車の豊田章男氏、ニトリの似鳥昭雄氏、楽天の三木谷浩史氏・・・

数多くの名前が上がってくることでしょう。

しかし、おそらく日本で最も名が知られているのはソフトバンクグループの孫正義氏ではないでしょうか。

孫正義

出典:http://wordsforest.com/?p=190

1957年8月11日生まれ

佐賀県鳥栖市出身

名門久留米大学附設高校に入学するも中退し、単身アメリカへ。

1977年にはカリフォルニア大学バークレー校経済学部へ3年時編入。

※大学試験の逸話として、、「この問題は日本語ならば必ず解ける。」と言い、辞書の貸し出しと時間延長を試験官に申し出、最後は州知事に電話で交渉し、「辞書の貸出し」と「時間延長の要求」をのませたという逸話があります。さらに、州知事との交渉において知事は「厳密な終了時間」を決めていなかったため、「辞書を引くのに適当な時間だけ延長する」という結論が出されたことから、無期限の時間延長と解釈して、最後までテストを受けて合格したそうです。

在学中に自動翻訳機を発明し、シャープに1億円で売込み、その資金を元に会社を設立。

1981年に現ソフトバンクグループの源流となるユニソン・ワールドを設立。

その後会社はドンドン成長し、現在の大企業となる。

皆さん気づかれましたか?

孫正義氏は佐賀県鳥栖市出身なのですよ!

魅力度ランキング46位で、誇れることがなにかあるのかを議論しましたが、日本一の社長は佐賀県の出身でした。

ちなみに高校は中退していますが、福岡県久留米市の久留米附設高校です。

孫正義氏が評価されるのは一代でソフトバンクを今の大企業まで成長させたことはもちろん、未来を読む力、行動力です。

今でこそソフトバンクは有名企業ですが、1990年代までは殆ど知られていない企業でした。

しかし、2000年に日本債券信用銀行の筆頭株主となり、時価総額がトヨタ自動車に次ぐ日本2位にとなったことから注目を集め始め、2004年に日本テレコムを買収、また、年末には福岡ダイエーホークスを買収し、福岡ソフトバンクホークスへ。

2006年にはボーダフォン株式会社を買収(1兆7,500億円)。

2013年アメリカ3位の携帯電話会社スプリントを買収。

2016年ARMホールディングスを買収。

また、投資に関しても天才的な才能を発揮し、パズドラで有名なガンホー(弟の孫泰蔵が社長)、中国最大のショッピングサイトである阿里巴巴等へと投資をします。

2016年には韓国への4600億円の投資、サウジアラビアと1000億ドル投資ファンドに乗り出し、2017年にはアメリカへの5兆円の投資、将来を支える若者のための孫正義育英財団の設立など、その投資スピードはますます加速しています。

今後世界的に注目を浴びるであろうソフトバンクグループを1人で創り上げた孫正義氏。

彼こそまさに日本一有名な社長であり、佐賀県を代表する人物ではないでしょうか。

これからもドンドン大きな会社にして佐賀県自慢の孫正義になってほしいです!

スポンサーリンク